ivermectina 6 mg plm ou acheter stromectol where do you buy ivermectin for humans can ivermectin treat head lice para que serve ivermectina 6 mg does ivermectin kill eggs ivexterm precio 4 tabletas

COLUMN

TOP > コラム TOP > 企業リサーチ > 【ヘイ株式会社】を勝手に企業リサーチ★byプラスカラー
企業リサーチ

【ヘイ株式会社】を勝手に企業リサーチ★byプラスカラー

2021.4.29

「Just for Fun」をミッションに、こだわりや情熱、楽しみを原動力に商売のデジタル化の支援・促進に取り組み上場への道へ突き進む、ヘイ株式会社さんとはどのような会社なのか?

リサーチ企業概要

ヘイ株式会社(TwitterFacebook)
・設立:2012年3月23日
・代表者:代表取締役 佐藤裕介(さとう ゆうすけ)
・社員数:190人
・所在地:東京都渋谷区東3丁目16番3号 エフ・ニッセイ恵比寿ビル4階
・代表的なサービス:STORES
・株式上場:未上場

経営者・創業者

<創業者/代表取締役CEO> 佐藤 裕介
1984年生まれ、兵庫県出身。2008年Googleに入社し、広告製品を担当。2010年末、COOとしてフリークアウトの創業に参画。また、株式会社イグニスにも取締役として参画し、2014年6月にはフリークアウト、イグニス共にマザーズ上場。2017年1月、フリークアウト・ホールディングス共同代表に就任。エンジェル投資家としても活動。

ミッション・ビジョン・バリュー

ミッション:Just for Fun
      こだわりや情熱、たのしみによって駆動される経済の発展を支援

組織体制

■代表取締役副社長 佐俣 奈緒子(さまた なおこ)
広島県出身。2009年より、米ペイパルの日本法人立ちあげに参画。加盟店向けのマーケティングを担当し、日本のオンラインサービス/ECショップへPayPalの導入を促進。2011年10月にペイパルジャパンを退職後、2012年3月にコイニーを創業。2018年に、CoineyとSTORES.jpを経営統合し、heyを開始。採用組織全般を担当。

■取締役CPO 塚原 文奈(つかはら あやな)
2003年に新卒で株式会社インテリジェンスに入社。2004年に株式会社サイバーエージェントに入社。フリーランスとしての活動を経て、2012年、STORES.jp立ち上げ前から株式会社ブラケットに入社し、COOとなり、事業や会社全般のマネジメント業務に従事。2016年より同社(現在:ストアーズ・ドット・ジェーピー(株))のCEO就任、現在に至る。

■取締役CFO 齋藤 健太郎(さいとう けんたろう)
新卒でメリルリンチ(東京・パロアルト)に入社し、テクノロジー企業向けのM&Aアドバイザリー、資金調達業務に従事。その後、ブラックロック・ジャパン、ブラックロック・ソリューションズを経て、2019年にヘイ株式会社入社。2020年より取締役CFOとして、コーポレート業務全般と共に、経営管理・企画、業務効率化、財務戦略の執行を担当。

■取締役 CTO 藤村 大介(ふじむら だいすけ)
早稲田大学第一文学部総合人文学科哲学専修卒。スタートアップ業界でエンジニアとして活躍。また、マネジメントとしてチームビルディング、メンタリング、採用、技術戦略策定、クライアントとの折衝を経験。Aiming、Quipper、マチマチ等でプロジェクト、プロダクト、チームの立ち上げを担当し成功に導く。

市場・マーケット

BtoC-EC 市場規模
2019年度:19.4兆円(前年比 7.65%増)
BtoB-EC市場規模は353兆円(前年比2.5% 増)に拡大。EC化率 は、BtoC-EC で 6.76%(前年比 0.54 ポイント増)、BtoB-ECで31.7% (前年比1.5ポイント増)と増加傾向にあり、商取引の電子化が引き続き進展。
経済産業省より

会社・サービスの特徴

事業者向けの決済サービス「Coiney」を提供するコイニー株式会社 と最短2分でネットショップを開設できる「STORES.jp」を提供するストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社 が、2018年にグループ化、事業持株会社としてヘイ株式会社を設立。オンラインストア開設「STORES」、キャッシュレス決済「STORES 決済」、オンライン予約システム「STORES 予約」など、商売のデジタル化を支援する「STORES プラットフォーム」を展開している。

ビジネスモデル

フリー版とスタンダード版あり。
フリー版:月額料金と初期費用は無料 決済手数料は5%
・スタンダード版:月額料金は月1,980円(税別)、初期費用は無料、決済手数
 料は3.6%
(倉庫サービスの価格はかなり細かく、入庫料は1点あたり19円、保管料は1日1個あたり0.2円から、国内配送料は1個あたり356円から)

代表的な競合

・BASE株式会社(BASE
誰でも簡単に開設できるネットショップ作成サービス

・Shopify Japan 株式会社(Shopify.jp)
ビジネスの立ち上げから運営、成長に必要なすべてのEコマース機能とPOS機能を1つのプラットフォームで提供

競合優位性

・フリー版ならば月額料金と初期費用は無料であること
・集客に大事なInstagram販売連携が簡単であること
・ファッションアプリ「WEAR」の連携など、独自要件に対応した興味深い機
 能が魅力的であること
・「プロモーション機能」と「POP UP KIT」が他にはないサービス
 プロモーション機能はSTORESが提携するショッピングサイトに商品が露
 出し、宣伝できる販売支援。POP UP KITはポップアップイベントを開け
 るサービスで、申し込みして審査が通過すると、会場探しからiPadレジ、
 開催マニュアルまで用意してくれる。

採用関連

・テクノロジー:バックエンドエンジニア、フロントエンドエンジニア、iOSエンジニア、Androidエンジニア、SRE、セキュリティエンジニア(マネージャー)
・プロダクト:プロダクトマネージャー、デザインマネージャー、プロダクトデザイナー、QAエンジニア
・カスタマーズ:ダイレクトセールス、オンラインセールス、カスタマーサクセス(マネージャー)
・コーポレート:EX(採用、組織)、コーポレートエンジニア、社内ヘルプデスク、経理、IR

出資・株主

<資本提携先>
Bain Capital Private Equity, LP / Anatole Investment Management Limited. / Goldman Sachs International / YJキャピタル株式会社 / PayPal Pte. Ltd.

<資金調達>
2020年8月 米投資会社のBain Capital、香港投資会社のAnatole、米金融機
      関のGoldman Sachs、米決済会社のPayPal、YJキャピタル、お
      よび既存株主であるWiLなどを引受先とする第三者割当増資を
      実施。
※調達した資金総額は非公開だが、リードインベスターとなるBainが同社に投じる資金は約70億円。

勝手にキャッチコピー

「マイメン文化」でネットショップ支援

ライジングセラー(ブランドの世界観やストーリーを大切にし、それに共感するファンを集めて商売する個人や中小規模の人々)の商売を支援する「STORES」。つながりを大切にしてきた代表のもとに集まったメンバーが、顧客視点でユーザーとつながっている。(インタビュー記事参照

勝手にペルソナ

兵庫県・33歳・広告代理店・幼馴染とキャンプ

気心知れている仲間とのキャンプは楽しい。広告代理店に入ってからイベント等で忙しくてなかなかキャンプに行く時間はなくなった。だけど、仕事で新しい仲間と一つの企画を作り上げていくのも楽しい。気の合う仲間と楽しく仕事ができるのがモチベーションの一つだ。

ヘイ株式会社を勝手に広報!

ヘイ株式会社を、広報のプロであるプラスカラーの経営陣が勝手に広報しました!紹介動画は「勝手に広報チャンネル」からご覧ください

「自由に好きなモノをつくって、販売したい。けれどお金がない」という個人やスモールチームに向けた資金調達プロジェクトをBASEとともに展開(2019年9月~)。新たな価値を生み出す人々の挑戦を応援。

勝手に広報ポイント①
過去2度のIPO経験Google出身社長率いるチームでのワクワクしかない上場ストーリー。

Googleの広告製品担当出身で、株式会社フリークアウト、株式会社イグニスの2社を上場に導いた佐藤裕介氏が代表を務める同社。同氏がGoogleで行っていた業務は、アドワーズやアドセンスなどWeb広告の有望な顧客リストを自動生成するシステムの開発中心。「Every Statement is Databasis」という言葉があるほど、データこそ全ての会社で、全世界共通であるデータに基づいて仕事をしようという考えがあり、データで見える化する意義を培っていた。経営陣にはさらにコイニーを創業した佐俣氏とStoresの社長だった塚原氏という女性社長もいるため、今後の上場が楽しみだ。

勝手に広報ポイント②
リードインベスターのベインは日本で未上場企業初にも関わらず出資総額70億円!シリーズEでの巨額調達。

2020年8月に米投資ファンドのベインキャピタルや米金融機関のゴールドマン・サックス、米決済企業大手ペイパルのVC部門であるペイパル・ベンチャーズ、YJキャピタルなどを引受先とした第三者割当増資を実施したと発表している。シリーズEとなる投資ラウンド全体で調達した資金総額は非公開だが、リードインベスターとなるベインが同社に投じる資金は約70億円で日本の未上場企業に投資するのは初めて。

勝手に広報ポイント③
信頼できる人達の繋がりで世の中はもっと良くなると証明する熱量とマインド。

起業家にとって必要なのは熱量、そして同じぐらい大事なのが信頼できる仲間。インタビュー記事でも代表の佐藤氏は「マイメン文化」を掲げ、友達と仕事をすることが何よりも大切と言っている。ミッションでは「Just for Fun」を掲げ、こだわりや情熱、たのしみによって駆動される経済の発展を支援しようとしている。そうして、信頼できる人をどんどん巻き込んで、さらに共感してくる仲間が集まって、一緒にゴールを目指している。

勝手に広報チャンネルとは

株式会社プラスカラーが企画するYouTubeの動画コンテンツ。
元広報・現役経営者である2人(代表取締役佐久間・取締役斉藤)が最近気になる会社を約30分でリサーチし、約10分で勝手に広報するというチャンネルです。立ち上げの経緯や企画趣旨の詳細はこちらの記事をご覧ください。