COLUMN

TOP > コラム TOP > 広報コラム > 広報コンサルやPR会社は必要?【経営者のための広報コラム】
広報コラム

広報コンサルやPR会社は必要?【経営者のための広報コラム】

2021.6.3

広報イメージ

外部の広報コンサルに入ってもらうと、第三者的な視点で自分たちでは考えつかないアイデア、企画、目線を得ることができます。コンサルの人脈やナレッジ・ノウハウを活用すれば、目的到達までのスピードを早めることも可能。そしていずれは自社で自走できるようになるのが理想的ではないでしょうか。

PR会社と広報コンサル、どちらに依頼するべきか

自社内に広報ノウハウがない、専任の広報人材がいない、という時。「広報コンサル」と「PR会社」のどちらに依頼すれば良いのかと迷うことがあるかもしれません。両者の違いはどんなところにあるのでしょうか?
PR会社は、プレスリリースの執筆やメディアアプローチ・メディアとの関係構築、問い合わせ窓口の担当など、本来は社内の広報部門ややるべき業務を代行してくれます。それに対し、広報コンサルの役割はあくまでコンサルティング。企画提案やプレスリリースの添削はしても、実際に執行するのは自社のスタッフということになります。もちろん広報戦略の策定なども行いますが、それもクライアントと一緒になって作り上げていきます。

PR会社と広報コンサルのメリット・デメリット

PR会社の最大のメリットは、社内の広報業務の負担を軽減させ、プロの広報に代行してもらえるという点。PR会社はすでに広報のノウハウやメディアとのコネクションを持っているので、それを活用した広報活動が期待できるでしょう。デメリットとしては、情報がブラックボックス化するおそれがあり、自社内にノウハウやメディアリストが蓄積されない点です。
広報コンサルのメリットは、自社内では考えつかないアイデアや企画、目線を得られること。その気づきを得られることこそがコンサルの価値です。また、人脈やナレッジ・ノウハウを活用することで、KPI・KGIの達成を早められる可能性も。コンサルタントとガッチリ組んで1年間取り組めば、その後自走できるだけのノウハウが蓄積されるでしょう。デメリットとしては、自社のニーズやコンサルの強みが合致していないと、思うような成果が得られずお互いに苦しい思いをすることになるという点です。

必要なのは人的リソース?ノウハウやナレッジ?

PR会社と広報コンサルに期待できる役割は違うということをお分かりいただけましたでしょうか?
広報コンサルは、経営者や広報担当者が持つ課題感をヒアリングしながら、アイデアや問題点をあぶり出したり、コミュニケーションを通して施策を決めていったりもします。広報のリソース不足を補うためならPR会社、社内で広報スキルやマインドを育てていきたいなら広報コンサルというように、使い分けて活用するのが良さそうですね。

上流の広報戦略から下流の施策まで

PR会社や広報コンサルは費用が高額だと思っている方も多いかもしれません。プラスカラーではベンチャー企業様や中小企業様が気軽に始められる支援プランをご用意しています。広報コンサルを外部に依頼してみようかと考えている方は、ご覧ください。

ちなみに、広報活動の上流である戦略立案・コンサルから、実際の施策実行に至るまでを一気通貫で頼みたいんだけど……という場合もご相談ください。必要に応じてご対応させていただきます。広報コンサルにPR会社の役割をオプションでプラスするイメージですね^^
戦略的広報ライトプラン

プロの広報へ相談してみませんか?

「広報を始めたいけれど、何から手を付ければいいかわからない…」
「広報をやってはいるが、期待する効果が得られていない…」
「広報を強化したいが、広報できるネタに乏しく露出が見込めない…」

このようなお問い合わせ・ご相談を数多くいただいています。
グローバル化が進み、モノや情報にあふれる現代社会において、自社や自社サービスについて発信し、認知を得て、ひいてはファンになっていただく活動は、事業を展開していくうえで必要不可欠であると言えます。
自社の目的・目標に合った広報をはじめてみませんか?
プロ広報が経営目線で広報戦略策定から広報アクションの実行までサポートしていきます。