COLUMN

TOP > コラム TOP > 広報コラム > 広報始めたいならまずはコレ!by斉藤久良良【経営者のための広報コラム】
広報コラム

広報始めたいならまずはコレ!by斉藤久良良【経営者のための広報コラム】

2021.2.28

広報イメージ

広報・PRとは?実はその本質をあまり理解していない経営者や広報担当者が多くいらっしゃいます。広報と経営は一体不離で同じ方向を目指していかなければなりません。このコラムでは、経営者が知っておくべき広報の基礎知識を、広報のプロ・斉藤久良良がご紹介していきます。

広報のプロ・斉藤久良良とは

本題に入る前に、まず自己紹介をさせていただきます。
私、斉藤久良良は、企業の広報・IRに15年以上にわたり携わってきました。その間にIPOも経験し、後進の指導や講演会・セミナー講師も務めております。社内外広報やCSR活動、企業ブランディングや機関・個人投資家とのリレーションなど、幅広く経験してきました。大切にしているのは、経営戦略に基づいた広報戦略を策定し、それを実際のアクションへと落とし込んで実行まで伴走すること。詳しくは「プラスカラー役員紹介」からご覧いただけます。

この【経営者のための広報コラム】シリーズでは、広報に難しさを感じている中小企業の経営者様に、広報の基礎知識をご紹介。コラムをきっかけに気づきを得て、自考・自走していくための一助となれたら幸いです。

広報と経営は一体不離。はじめにやるべきことは?

さて、いわゆる「広報」って何をするのでしょうか。広報をはじめようとするとき、どこから手をつけると思いますか? 「何をやるか」から考えはじめる方が多いのではないでしょうか。
実際に、手法から入ってしまう経営者や広報担当者が多くいますが、それば間違い。大事なのは広報の「目的」「ターゲット」「メッセージ」を設定すること。つまり、はじめにやるべきことは広報戦略の策定です。

では、広報戦略とはどうやって組み立てるものなのでしょう? そのポイントは、経営戦略にあります。広報戦略は、経営が目指す方向と必ず一致していなければなりません。なぜなら、広報は企業力をUPさせるためのものだからです。会社が目指す目的・目標を広報としてどのように達成していくか。広報戦略策定のスタートは経営戦略の理解からはじまるのです。

広報戦略にも欠かせないKGI・KPI

経営戦略を考えるときには、必ず目的や目標を設定しますよね。実は広報も同じなんです。
「とにかくメディアに出たい!」
「TVで取り上げてほしい!」
という手法から考えるのではなく、目的・目標を設定し、そのためになにをすべきかを考え、手法に落とし込んでいく。手法ありきでは、届けたいターゲットにメッセージを効率的に伝えることはできませんし、目的を達成することはできないのです。

しかし経営の合間に広報業務も兼任している経営者の方や、「プレスリリースの書き方」などを独学で学びながら広報を担当している方は特に手法に走りがち。広報としても広報戦略のKGI・KPIを設定する必要があるということを知らないまま、広報に携わっている方が非常に多いのです。

経営の目的を達成するために

会社が目指す場所へ、最速・最短距離で到達するために。適切な広報戦略は必ず、事業をグロースさせるために大きな力となります。そのために、大切なのは「経営戦略の理解」と「広報戦略のKGI・KPI設定」からはじめること。これを忘れないでください。

次回の【経営者のための広報コラム】のテーマは、「社長!TVに出れば本当に売れますか?」です。メディアに取り上げられたいと思っている経営者の方は、ぜひご一読ください。